朝倉山椒

養父市特産「朝倉山椒」

養父市の朝倉と言う地域で栽培が始まったと言われる「朝倉山椒」は、江戸時代から現代に至るまで400 年以上もの歴史があります。
かつて、生野代官間宮直元が徳川家康に朝倉山椒を献上したとの文献も残っており、現在に至るまで高級食材として扱われてきました。



人口2 万3 千人ほどの山深い養父市には、日本二百名山に選定されている兵庫県最高峰「氷ノ山」や日本の滝100 選「天滝」など、美しく雄大な自然があります。
澄んだ空気と氷ノ山山系のミネラル豊富な雪解け水など朝倉山椒が育つには最適な環境といえます。

朝倉山椒は、鮮やかな緑色で柑橘系の爽やかな香りとピリリとした辛みが特徴です。
おのやま庭園の朝倉山椒は、地元フランス料理店や洋菓子店にもご利用いただき高評価を頂いております。
和食はもちろん、洋食・中華・イタリアン・スイーツなどに幅広くご利用ください。

©  おのやま庭園 All Rights Reserved.
PAGE TOP